stsの日記

本当に自由な日記です。ゆるい気持ちで見てやってください。

寒さ対策

どうもstsです。

寒い日々が続きますね^^;

皆様はどのようにして寒さ対策しておられるでしょうか。

 

私は現在一人暮らしをしていますが、防寒対策はもうただ1つ!

「着こむ!」(笑)

はい。とにかく着込んでいます。

電気ストーブやヒーターといったものは持ち合わせておらず、ただ着込むという原始的な方法をとっています。

さすがにそろそろ電気ストーブでも買いましょうかね^^:

 

年末からお正月にかけて実家に帰ったときにはストーブがついていたので、ストーブで暖を取りました。まあストーブがあったらあったでストーブを占拠する迷惑人間なのですが・・・(笑)

皆様もしっかり寒さ対策をとって、風をひかないように冬を乗り切ってください!

インフルエンザも流行ってるらしいので、手洗い&うがいは毎日して、お体には気をつけてください!

最強アスリート元日決戦、ケインさんの戦い振り返り

どうもstsです。

皆様新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします!

 

実は私2017年から楽しみにしていたのが、最強アスリート元日決戦です。

ケインコスギさんが14年ぶりにモンスターボックスとショットガンタッチに挑戦するということですごく楽しみにしていました。

正直これがあったから2017年を乗り切れたといえるでしょう・・・

放送前の個人的な予想ではモンスターボックス18段か19段、ショットガンタッチは12m40cmいってほしいな~という感じでした。

 

まずはモンスターボックスから振り返ってみます。

今年は13段からスタート。

ケインさんは余裕で成功!軽い助走から跳ぶ直前に両手を大きく回す跳躍フォームもまったく変わっておらず、久々に見れて嬉しかったです。

14段はパスしたのかカットされたのかわかりませんが続いては15段。電話ボックスの高さですね。ここからは試技2回となります。

ここも余裕の成功。まだまだ調整といった感じでした。

16段はパスした模様。続いては17段。

結果は余裕の両足着地での成功。しかし冷静に考えて軽々と17段を跳ぶ43歳って恐ろしいですよね・・・

続いては18段。現在もサッカー選手として現役の「ゴン」こと中山雅史さん、体操の銀メダリストに輝いた池谷幸雄さんが過去に記録した高さです。個人的にはここからが勝負だと思ってみていました。

ここは背中からの着地となるも成功!本人も成功後納得のいっていない表情で苦笑いを浮かべていました。

そして次は19段。過去にお笑い芸人のワッキーさん、サッカー日本代表としても活躍した福西崇史さんが成功した高さです。

ここも背中からの着地なるも成功!同じ背中からの着地でも19段の方が少し余裕が感じれました。個人的には19段で試技終了してもおかしくないと思っていたので驚きました!14年というブランクがあるのに凄すぎです・・・

そしてここで走高跳の日本選手権を3度制した高張広海さんが脱落。ずっと安定していた跳躍を続けていましたが失敗に終わってしまいました。しかし初挑戦で18段はさすが感じです。

さらに高さは上がり20段。プロスポーツマン記録でありハンドボール宮崎大輔さん、スポダン初代王者の佐野岳さんが記録した高さです。

なんとここも一発で成功!!!苦しい跳躍となりましたが、体を前に持っていき、最後は背中を畳むようにしてクリアしていきました。昔から思っていたのですが、ケインさんは空中で跳び箱を当たらないように交わしていくのが凄くうまいですよね!

そしてここではトランポリン世界選手権団体銅メダリスト、岸大貴さんが脱落。トランポリン記録は中田大輔さんの20段だったので惜しくも並ぶことができませんでした。もし次挑戦する時はぜひ20段を超えて欲しいです!

そして次は世界歴代12位となる21段。過去には俳優の永井大さん、マッスルミュージカルで23段を跳んだ片山敬太郎さんが跳んだ高さです。

ここは正面からぶつかってしまい、初の失敗。するとここでケインさんのもとに過去激闘を繰り広げたモンスターボックス世界記録保持者の池谷直樹さんが歩み寄ります。14年ぶりの再会で笑顔で会話する二人を見ると感動するものがありました・・・

そして勝負の2回目の試技。ここで上半身を脱ぎます。おそらくケインさんが脱ぐのはスポーツマンNo.1決定戦時代を含めて初のような気がします。

しかし2回目も跳び箱頂上付近に体当たってしまい失敗。ここで脱落となりました。それにしても最後に挑戦した2004年の時と同じ20段という記録を残すケインさんは凄いの一言です・・・

さらにロシア体操界の英雄、デニス・アブリャジンさんもここで脱落。圧倒的な高さは目を見張るものがありましたが、自己記録に1段及びませんでした。

そして21段を唯一成功させたのはアイドルグループ「MAG!C☆PRINCE」の平野泰新さん!次に世界新記録となる24段にも挑戦しますが、これは失敗。しかし去年比べまだ跳べる可能性を残す失敗となりました。

 

そしてショットガンタッチ。

今年は12m00cmから開始で以後20cm距離も伸ばしていき、パスも可能。同じ距離を2回失敗したら終了というルールでした。

最後に挑戦した2004年は12m50cmに終わったケインさんはどこまでいけるのか楽しみでした。

まずは12m00cm。過去には阪神(当時はロッテ)の西岡剛選手、元サッカーのブラジル代表のロナウジーニョさんが記録した距離です。

ここは一発で余裕の成功。ダッシュして振り返りながらのボタンプッシュ、低いダイブは昔とまったく変わってません。

続いては12m20cm。元陸上100mの金メダリストのカール・ルイスさん、元西武の盗塁王秋山幸二さんが成功した距離です。

ここも手のひらでしっかり触れます。まだ余裕が感じれました。

さらに20cm伸びて12m40cm。過去にはサッカー日本代表槙野智章選手、スポダン3代目王者の関口メンディーさんが成功しています。

ここで惜しくも1回目の失敗。あと少しで届く差だったので2回目に期待していました。

しかし2回目の失敗。14年ぶりのショットガンタッチは12m20cmとなりました。

ショットガンタッチ全体としてはサッカーの永井謙佑さんが13m20cmを成功させて去年に引き続き連覇達成となりました。

 

長々と書いてきましたが、個人的には記録云々よりもまずケインさんが久々にかえってきてくれたこと自体が嬉しかったです。

2004年を最後にもうコロッセオには帰ってくることはないんじゃないかと個人的には思っていました。しかし14年ぶりに帰ってきて20段を跳んでとても感動しました。また戻ってきて挑戦してほしいですし、昔スポーツマンNo.1決定戦に出ていた、永井大さんやワッキーさんにもまた挑戦してほしいですし、池谷直樹さんとの直接対決もまた見たいです!

すっかり冬ですね。

どうもstsです。

気付けばはてなdiaryは1ヶ月以上放置していましたね^^;

前は秋の話をしていたのに今やすっかり冬です。

昔はこの時期になるとクリスマスが近づくので、サンタさんがプレゼントを届けてくれるかワクワクしていたものです。クリスマス前の夜になるとワクワクして寝れなくて、サンタを見たい!という気持ちもありながら布団に入っていました。

サンタさんのために欲しいものを紙に書いておいた方が良いのか?紙に書いたとして、真っ暗な部屋で読めるのか?そもそも家に煙突がないのに入ってこれるのか?窓の鍵を閉めてるので入ってこれるのか?色々不思議でした。そして次の日になるとプレゼントが置いてあって、台所のお母さんに見せていました(笑)

今の子どもさん達はどんなプレゼントをお願いするんですかね?

 

そして今日は特に日本全国寒かったようです。朝のニュースでもそのことを取り上げていたりしました。

stsは雪がよく降る地域に住んではいないので、雪が降ると未だにテンションが上がります。家の中にいて窓を見て雪が降ってたら「雪だーーーーー!!!」って感じでとりあえず外に出ます。

外に出て何かするわけではないですが・・・

 

これからまだ寒くなると思うので防寒対策しつつ冬を乗り切りたいと思います!

紅白出場歌手決定

今日、今年の紅白歌合戦の出場歌手が発表となりました。

今年の初出場歌手は10組!

しかし今年引退を発表された安室奈美恵さんの名前はなく、サプライズでの出場が期待されます。もしサプライズ枠で出場となると白組のサプライズ枠は・・・など考え出すとキリがないですね^^;

 

個人的に発表された出場歌手で注目しているのは

白組は・・・三浦大知さん!

めちゃイケのオファーシリーズで知って、踊ってあそこまで歌えるのは素晴らしいといわざるを得ないし、度肝を抜かれました。

紅白でもその圧倒的なパフォーマンスを期待しています!

紅組は・・・乃木坂46さん!

アイドル界隈のことは詳しくは知らないのですが、今年のテレ東音楽祭でゴッドタンのヒム子とコラボしていました。テレ東音楽祭の時は見ていて面白かったので、紅白でも見れるのを期待しています!

 

しかし年末になってくると、色んな予想の時期でもありますよね。紅白、ガキ使、今年の漢字、流行語・・・予想するのは楽しいものですよね(笑)

電王トーナメント 決勝

どうもstsです。

さあ今日は電王トーナメント決勝でした。

しかし・・・電王トーナメント始まって以来最大の波紋を呼んだ回でしたね・・・

257手目問題・・・独自性・・・もうここまで来ると素人にはチンプンカンプンレベルです(笑)

 

肝心の優勝ソフトは準決勝で「ponanza」を破った「平成将棋合戦ぽんぽこ」。電王トーナメント3代目王者となりました!

おめでとうございます!!!

 

そして大会後ponanzaは引退を発表。正直まだ一番強いソフトはponanzaだと思ってるんで強いまま辞めてしまうのは残念です。しかしコンピュータ将棋に間違いなく名を残したレジェンドソフトといえますね!

 

しかし電王トーナメント見てると振り飛車を指してるソフトが極端に少なくて横歩取りばっかりなイメージでした。ソフトからいわせると振り飛車は良くないという風にとらえているのでしょうか・・・しかし数少ない振り飛車ソフトの「Honey Waffle」が決勝トーナメントに残るなどまだ結論を出すのは早そうですね^^;

 

来年の電王トーナメントにも期待しましょう!

電王トーナメント 予選

どうもstsです。

タイトルの通り今年も電王トーナメントの季節がやってきました。

コンピュータ将棋界では2大大会の1つといえるもので、春の世界コンピュータ将棋選手権、秋の電王トーナメントといった感じになってきてますね。

今日は予選でしたが、予想通りponanzaが強い!前人未踏の4連覇を果たすのでしょうか?

今日の予選では負けはしませんでしたが、引き分けが1局。その引き分けただけでも歓声があがっていたのを見ると、皆さんがどれだけponanzaに注目しているのがわかりますね^^;

予選はniconico生放送で中継されていましたが、途中に出場ソフトの開発者の人にゲストとして来てもらっていたのですが、その中で他の開発者の人はそんな教えていいの?ってぐらい他の開発者が教えてくれるとおっしゃっていました。そんなに教えて損にならないのかな?と聞いていて思いましたが、コンピュータ将棋界ではパクられて勝利、真似されて勝利といった考え方があるそうです。人間の指す将棋界とはまた違った考え方だなと実感しました。

明日は決勝トーナメントです。

やはり優勝最有力は4連覇がかかるponanzaですが、春のコンピュータ将棋選手権でponanzaを倒して優勝したelmo、前回2位のApery、予選でponanzaに引き分けた平成将棋合戦ぽんぽこ、有力ソフトからも目が離せません。

人間とはまた違うコンピュータ将棋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

阪神負けちゃいましたね・・・

阪神DeNAに負けてクライマックスシリーズ1回戦敗退・・・

阪神は特にクライマックスシリーズ苦手なイメージがありますが、今回もそれを表す形となってしました。

 

今シーズンも優勝することができませんでしたが、1年間見ていて楽しかったという事実はあります。

新たに糸原選手や大山選手、植田選手といった若手が出てきました。金本監督は積極的に若手を使ってくれることが多いので見ていて面白い部分はあります。

来期は今年不調で苦しんだ高山選手、原口選手、北條選手が復活してくれれば来季さらに良い成績を残し優勝してくれることを信じています。

 

なぜかはわかりませんが金本監督が監督をやっている内に阪神は絶対優勝するという気がします。何となくなので理由は説明できないのですがそんな気がしています。

 

次はドラフト会議が待っているので阪神の動向に注目しておきましょう。